地盤研究財団
財団紹介 研究・とりくみ 研究成果 お知らせ LINK先一覧
研究・とりくみ
情報を活かす
地質を探る
地震を識る
災害に備える
地盤を調べる
環境を保つ
世界に携ふ
活動の拠点
研究協議会
関西地震観測研究協議会
地下水環境に関する研究協議会
関西圏地盤情報ネットワーク(KG-NET)
 
TOP > 関西地震観測研究協議会

 
地域の地盤問題の解決のために、組織された各種の研究協議会の活動を事務局として支援しております。
ご参加ご希望の方は各担当までご連絡下さい。
 


(平成3年12月発足/座長:京都大学大学院教授 林 康裕 氏)

The Committee of Earthquake Observation and Research in the Kansai Area :CEORKA(セオルカ)
 本協議会は、地震観測・防災体制が極めて貧弱であった平成7年兵庫県南部地震以前から、関西圏に独自の地震観測ネットワークを構築していました。その後、兵庫県南部地震本震の震源近傍観測記録を得るなど、地震学・地震工学の研究に大きく寄与しました。地震動の観測、記録の収集・整理・保存・解析や地震動特性の研究、関西地域の地震防災に関する情報の交換などを通じて、今後予想される東南海・南海地震への対応など、関西地域における地域地震防災体制の向上への貢献を目指して活動を続けています。当財団はこの協議会の中枢として、その発展に寄与しています。
 
(担当:地震防災グループ/TEL 06-6941-8800)
(関西地震観測研究協議会 ホームページ)

 
財団法人 地域 地盤 環境 研究所
TOP サイトマップ ENGLISH