お知らせ  

イベント

「ベイエリアの地盤情報と建設技術」講習会のお知らせ
 大阪湾地盤情報の研究協議会 大阪湾地盤研究委員会(委員長:松井保)では、平成10年度より、「地盤情報の活用による大阪湾ベイエリアの開発と保全に関する研究−大阪湾ベイエリアの活力と防災を目指して−」をテーマに、1.地質・土質特性、2.埋立地の分類と地盤特性、3.埋立地の地盤変形、4.埋立地の耐震技術、5.データベース化と活用 について研究を進めてまいりました。この研究では、「大阪湾地盤情報データベース」を埋立地の地盤情報も含めたデータベースに拡張し、深部地下構造探査、埋立施工記録・地盤変状計測、動的特性試験、洪積粘土長期圧密試験等のデータも収集して、ベイエリアの開発・保全に関わる建設技術の諸問題に幅広く取り組んだものです。
 この研究成果は、書籍「ベイエリアの地盤と建設−大阪湾を例として−」にとりまとめ、刊行いたします。当講習会は、この書籍をテキストに、一般の方々にその内容を解説し、公表する場として企画するものです。多数の方々のご参加を期待しております。
●主  催: 大阪湾地盤情報の研究協議会
●協  賛:

(社)土木学会関西支部、(社)地盤工学会関西支部、日本地質学会近畿支部、日本応用地質学会関西支部、
日本情報地質学会、(社)建設コンサルタンツ協会近畿支部、関西地質調査業協会、関西地盤情報活用協議会

●日  時:

平成14年12月10日(火) 13:00〜17:30、 12月11日(水) 9:30〜17:30
●会  場: 建設交流館 グリーンホール〔大阪市西区立売堀2−1−2 TEL(06)6543-2551〕
●定  員: 250名(定員になり次第締め切ります)
●受 講 料 :
20,000円(テキスト代含む)、事前申込(18,000円、11月15日まで)
●テキスト: 「ベイエリアの地盤と建設−大阪湾を例として−」
●参加申込:

下記宛にFAXまたはE-mailで、「講習会申込」、参加者氏名、所属、連絡先、TEL、FAX、E-mailをご記入のうえ、
お申し込み下さい。
(財)地域地盤環境研究所(大阪湾地盤情報の研究協議会 事務局)
〒550−0012 大阪市西区立売堀4−3−2
TEL(06)6539-2972 FAX(06)6578-6253 E-mail: osakabay@geor.or.jp

●プログラム:  
12月10日(火) 13:00〜17:30
12:30〜13:00 受付
13:00〜13:10
開会の挨拶
大阪湾地盤研究委員会委員長 松井 保
13:10〜16:35 【大阪湾ベイエリア開発の歴史と新たな試み】
ベイエリア開発の歴史 地盤研究財団
濱田晃之
ベイエリア都市空間の構築
・ 臨海部の都市再生 近畿地方整備局
小口 浩
・テクノポート大阪 大阪市
坊農曜志男
・阪南2区土地造成事業 大阪府
清原久雄
・尼崎21世紀の森構想 兵庫県
杉島 満
・情報基盤整備 NTTインフラネット
下平茂広

***休息(10分)***

ベイエリア交通ネットワーク建設
・大阪湾フェニックス計画 大阪湾センター
上杉主悦
・大阪港廃棄物処分場 大阪市
西井 格

ベイエリアの廃棄物埋立
・近畿の道路ネットワーク計画と
紀淡連絡道路
近畿地方整備局
山本 剛
・大阪港夢洲トンネル 近畿地方整備局
宮田正史
・神戸空港 神戸市
長谷川憲孝

ベイエリアの廃棄物埋立
・大阪湾フェニックス計画 大阪湾センター
上杉主悦
・大阪港廃棄物処分場 大阪市
西井 格
エネルギー供給基地建設
・堺LNGセンターの建設 関西電力
三皷 晃
・複合エネルギー供給への取り組み 大阪ガス
岡井大八

***休息(10分)***
16:45〜17:30
【特別講演】
関西国際空港2期空港島の建設 関西国際空港
北澤壮介

12月11日(水) 9:30〜17:30
9:30〜 9:45
【ベイエリア開発・保全の将来展望】 大阪大学
松井 保
9:45〜10:35 【地震と津波】
・ベイエリアの地震動特性 地盤研究財団
香川敬生
・南海地震による津波 京都大学
河田恵昭

***休息(10分)***
10:45〜11:15
【地盤情報の活用技術】 光華女子大
山本嘉一郎
11:15〜12:00 【大阪湾ベイエリアの地盤と自然環境】
・大阪湾の成り立ち 京都大学
竹村恵二
・表層の地質と構造 大阪市立大学
三田村宗樹

***昼食***
(12:30〜13:00) デモンストレーション: 大阪湾地盤情報データベース、大阪湾埋立地情報GIS

13:00〜14:00
・深部の地質と構造 京都大学
井上直人
・土質特性と地域性 大阪市立大学
大島昭彦
14:00〜14:50 【大阪湾ベイエリアの埋立】
・埋立造成技術の進展 大阪市
武田弘一
・埋立地の地盤と材料特性 神戸大学
内田一徳

***休息(10分)***
15:00〜16:00 【埋立地の地盤変形】
・埋立地における地盤変形挙動の実態 大阪大学
小田和広
・大阪湾洪積粘土の長期圧密特性と沈下予測 京都大学
三村 衛
16:00〜17:00 【埋立地の耐震技術】
・海底・埋立地盤の震動特性 立命館大学
早川 清
・埋立地の耐震設計 中央復建コンサルタンツ
林 健二
・海底・埋立地盤の動的材料特性 神戸大学
田中泰雄
・埋立人工島の動的解析技術 東北大学
渦岡良介
17:00〜17:25 【環境保全】
廃棄物埋立とランドフィル島構想 京都大学
嘉門雅史
17:25〜17:30
閉会の挨拶 大阪湾地盤情報の研究協議会 座長
松浦壽彦
※時間、講師は変更する場合があります。
  「ベイエリアの地盤情報と建設技術」講習会 参加申込書(5k)



地下水地盤環境に関するシンポジウム2002  −大都市の地下水問題−

 地下水地盤環境に関する研究協議会は毎年シンポジウムを開催してきましたが,本年度は「大都市の地下水問題」というテーマのもとに地下水と現代社会のかかわりを取り上げ,問題点や課題を明らかにすることになりました。
本シンポジウムは午前の応募発表と午後の招待発表およびパネルディスカッションの2部構成で実施する予定です。
 また,今回のシンポジウムは、来る2003年3月に京都・滋賀・大阪で開催される第3回世界水フォーラムに向けて国内外で地下水に関する議論を高める絶好の機会であり、多数の皆様方のご参加と活発な討議を期待しております。
●主  催 : 地下水地盤環境に関する研究協議会 ほか
●後  援 : 日本応用地質学会 関西支部 ほか
●日  時 : 平成14年12月18日(水) 9:00〜17:50 (懇談会は18:00より)
●会  場 : 建設交流館グリーンホール (大阪市西区立売堀2-1-2 電話06-6543-2551)
●参 加 費 :
▽シンポジウム(テキスト代含む) ▽懇談会(建設交流館 地下1階レストラン)
(協議会会員,学生)2,000円 (協議会会員,一般)4,000円
(一   般)4,000円 (学   生)2,000円
●申込方法 : 参加ご希望の方は申込書に必要事項をご記入の上,Fax等でお申し込み下さい。参加費は下記の銀行にお振り込み下さい。ご入金後の返金は致しませんのでご了承下さい。参加券をご送付致しますので当日受付にてご提示下さい。
●申 込 先 〒550-0012 大阪市西区立売堀4-3-2 (財)地域 地盤 環境 研究所内
地下水地盤環境に関する研究協議会 事務局(担当者:飯田,玉田)
Tel:06-6539-2973 Fax:06-6578-6256 Email:gwjim@geor.or.jp
●振 込 先 大和銀行 大阪西区支店 普通預金 口座番号8418933 地下水シンポジウム 飯田智之
※振込手数料はご負担下さい
●申込期限 平成14年11月末日(但し,定員(200名)になり次第締め切らせて頂きます。)

●プログラム
09:00〜09:05 開会挨拶 柴田 徹(本協議会 座長)
  [午前の部:公募発表]
09:05〜09:25 大阪平野広域地下水シミュレーションモデルの構築 與田敏昭((株)ニュージェック)ほか
09:25〜09:45 大阪平野の地下水位に影響する支配要因の統計的分析 神谷浩二(岐阜大学)ほか
09:45〜10:05 水質からとらえた大阪平野の浅層地下水流動経路(予察的解析) 中屋眞司(信州大学)ほか
10:15〜10:35 地下水塩水化に伴う吸・脱着特性に関する研究 日置和昭(不動建設(株))ほか
10:35〜10:55 地下水位の変動履歴を考慮した都市周辺軟弱地盤の沈下予測 中川誠司(大阪大学)ほか
10:55〜11:15 リチャージ工法による地下水流動保全対策例 佐々木俊平(東京都)ほか
11:15〜11:35 地下水位の変動による社会基盤の不安定性の評価 村上 哲(茨城大学)ほか
11:35〜11:50 < 質 疑 >
[午後の部:招待発表]
12:50〜13:10 世界の水問題と第3回世界水フォーラム 尾田栄章(第3回世界水フォーラム事務局長)
13:10〜13:25 課題提起 橋本 正(地域 地盤 環境 研究所)
13:25〜13:50 大阪における地下水問題 戸上拓也(大阪府土木部)ほか
13:50〜14:15 上海における地下水問題 朱合華(同済大学)
14:15〜14:40 名古屋における地下水問題 国枝重一(国土交通省中部地方整備局)
14:40〜14:50 < 質 疑 >
15:05〜15:30 台北における地下水問題 李徳河(成功大学)
15:30〜15:55 バンコックにおける地下水問題 Wanchai Teparaksa(チュラロンコン大学)
15:55〜16:20 東京における地下水問題 川島眞一(東京都)
16:20〜16:30 < 質 疑 >
[パネルディスカッション]
16:45〜17:45 ・司会 宇野尚雄(岐阜大学名誉教授)
・パネラ− 上記招待発表者
17:45〜17:50 閉会挨拶 西岡 正(本協議会 副座長)
18:00〜19:30 懇談会


  地下水地盤環境に関するシンポジウム2002 参加申込書(6k)




地震防災フォーラム’02  −来るべき東南海・南海地震に備えて−

●主  催 : 関西地震観測協議会(関震協)
●協  賛 : (社)土木学会関西支部、(社)日本地震学会、(社)地盤工学会関西支部、
(社)日本建築学会近畿支部、日本地震学会、建設コンサルタンツ協会近畿支部、
関西ライフライン研究会(依頼予定)
●日  時 : 平成15年1月15日(水)14:00〜17:20(開場13:00)
●場  所 : 建設交流館グリーンホール(大阪市西区立売堀2-1-2)
●参 加 費 : 一般…5,000円、学生…2,000円(資料代実費)
●懇親会参加費 : 5,000円
●定  員 : 200名(定員になり次第締め切ります)
●申込み、
  問合せ先:
関西地震観測研究協議会事務局 松阪(まつさか)まで
氏名、所属、電話番号、FAX番号、電子メールアドレスをご記入の上、電子メールもしくはFAXにて申し込み・問い合わせ下さい。
E-Mail:matusaka@geor.or.jp、FAX:06-6578-6254
●振 込 先 下記銀行口座に振り込み願います。なお、振り込み手数料は各自ご負担下さい。
三井住友銀行 立売堀(いたちぼり)支店
普通預金 口座番号No.0398512
口座名義 関西地震観測研究協議会 会計担当 岩崎好規(いわさきよしのり)
※なお、本フォーラムは土木学会CPDプログラムとして認定されています

●プログラム
14:00〜14:10 開会の挨拶 京都大学防災研究所 教授 入倉孝次郎
【来るべき東南海・南海地震に備えて】
14:10〜15:00 東南海・南海地震防災対策特別措置法と内閣府の対応について(仮) 内閣府参事官(地震・火山対策担当) 布村明彦
15:00〜15:50 東南海・南海地震による揺れの予測 京都大学防災研究所 教授 入倉孝次郎
15:50〜16:00 休憩
16:00〜16:50 東南海・南海地震による津波の発生とその防災 京都大学防災研究所 助手 高橋智幸
  【2001年に関西地震観測研究協議会で観測された地震記録の特徴】
16:50〜17:10 2001年に関西地震観測研究協議会で観測された地震記録の特徴 (財)地域地盤環境研究所 鶴来雅人
17:10〜17:20 閉会の挨拶 京都大学大学院 教授 家村浩和
17:30〜19:30 懇親会    

GRI Geo-Reserch Institute
Copyright2004-2005 Geo-Research Institute. All rights reserved.