お知らせ  

イベント

 

地下水地盤環境に関するシンポジウム2006
− 水辺と堤防と地下水 −
主  催:
地下水地盤環境に関する研究協議会
(財)地域 地盤 環境 研究所,(財)日本地下水理化学研究所
後  援:
(社)地盤工学会関西支部,(社)土木学会関西支部,(社)日本建築学会近畿支部,日本地下水学会, 日本応用地質学会関西支部

 地下水地盤環境に関する研究協議会(座長:村岡浩爾)は,主に都市部における地下水や地盤等地下環境に関する諸問題に取り組む産官学の共同組織として,大阪地区において活動を続けておりますが,その一環として毎年秋にシンポジウムを開催しております。本年度は,「水辺と堤防と地下水」をテーマとし,一般からの応募発表,パネルディスカションならびにパネル展示を中心とするプログラム構成となっております。多くの方々のご参加と活発な討議を期待しております。

日   時:
2006年11月17日(金) 9:00〜17:00 (懇談会17:30〜)
会   場:
建設交流館グリーンホール (定員250名)
(西区立売堀2-1-2 Tel:06-6543-2551)
特別講演: 琵琶湖・淀川流域圏の再生計画」
           足立 敏之(国土交通省 近畿地方整備局)
参加費:
▽シンポジウム (テキスト代含む)      ▽懇談会(テキスト代含む)
(協議会会員) 3,000円 (協議会会員) 3,000円
(一     般) 5,000円 (一     般) 3,000円
(学     生) 3,000円 (学     生) 3,000円
会場案内図:
地下鉄 
本町駅22,23番出口より徒歩5分
地下鉄 
阿波座駅2番出口より徒歩5分
地下鉄  西大橋駅1番出口より徒歩5分
プログラム(○印:発表者)
9:00〜 9:05 開会挨拶  村岡 浩爾(本協議会 座長)
【午前の部:公募発表】
セッション1 司会:長屋 淳一((財)地域 地盤 環境 研究所)
9:05〜 9:17 ソイルセメント柱列壁芯材を利用した地下水流動保全対策
○三宅 啓太(轄ヲr組),松本 豊和(中日本高速道路),菊川 秀之(同左),佐藤 一郎(轄ヲr組)
9:17〜 9:29 i-SENSORを用いた河川堤防モニタリングシステムの紹介
○住田 賢二(応用地質)
9:29〜 9:41 樋門周辺の沈下と変状の経時的挙動について
○瀬川 明久(潟Gーティック),港 高学(同左),吉川 勝秀(日本大学理工学部)
9:41〜 9:53 浸透流解析のためのモデル設定についての考察
瀬川 明久(潟Gーティック),○港 高学(同左),吉川 勝秀(日本大学理工学部)
9:53〜10:05 音響波を用いた地下水探査
○榊原 淳一(JFEシビル(株)),山内 淑人((財)地域 地盤 環境 研究所)
10:05〜10:17 巨瀬川調整池建設工事における遺跡保存対策
三浦 哲彦(鞄弱地盤研究所),宮崎 寛章(国土交通省 九州地方整備局),尾後 大輔(同左),
宮口 新治(応用地質),○松山 泰治(同左),松末 和之(同左)
10:17〜10:35 <質 疑>
10:35〜10:45 <休 憩>
 
セッション2 司会:阿部 信晴(大阪大学大学院)
10:45〜10:57 全国の地下水水質の現況について
○坂井 美穂子(環境省 水・大気環境局),藤塚 哲朗(同左),佐藤 郁太郎(同左),兼平 進一(同左)
10:57〜11:09 湧水に関する水循環
○渡邊 浩行(環境省 水・大気環境局),藤塚 哲朗(同左),佐藤 郁太郎(同左)
11:09〜11:21 大阪地域をモデルとした地下水管理手法の例について
○坪谷 剛(環境省 水・大気環境局) ,藤塚 哲朗(同左),佐藤 郁太郎(同左
11:21〜11:33 京都府城陽市域における3次元揚水シミュレーション
○日下 郁恵(関西大学大学院),楠見 晴重(関西大学工学部)
11:33〜11:45 地下温度の鉛直分布に記録されている気候温暖化履歴の解析
○北岡 豪一(岡山理科大学理学部),吉岡 龍馬(同志社大学文学部),有本 弘孝((財)地域 地盤 環境 研究所)
11:45〜12:00 <質 疑>
12:00〜13:00 <昼休憩>
  
【特別講演】
講師紹介:田辺 弘道(国土交通省 近畿地方整備局)
13:00〜13:50 「琵琶湖・淀川流域圏の再生計画」    足立 敏之(国土交通省 近畿地方整備局)
13:50〜14:00 <休 憩>
  
【午後の部:PD関連発表】
司会:中山 修((財)国土技術研究センター)
14:00〜14:10 河川堤防のモニタリングの取り組みについて
中山 修((財)国土技術研究センター),○佐古 俊介(同左)
14:10〜14:20 堤体の越流破壊メカニズムと法面保護の効果
○藤澤 和謙(京都大学大学院),桃木 昌平(飛島建設梶j,小林 晃(京都大学大学院),青山 咸康(同左)
14:20〜14:30 河川堤防の浸透―変形連成解析
岡 二三生(京都大学大学院),○木元 小百合(同左),小高 猛司(名城大学)
14:30〜14:40 河川堤防に用いる新しいジオシンセティックスの提案
○上田 滋夫(太陽工業梶j,桝尾 孝之(同左)
14:40〜14:50 <質 疑>
14:50〜15:00 <休 憩>
  
【パネルディスカッション】
◎テーマ:「堤防強化の現状」(サブテーマ:河川水の作用,堤防の浸透変形,設計指針と耐水性,堤防強化の現状)
15:00〜16:55 コーディネーター:宇野 尚雄(広島工業大学)
パネラー:
河川水流の堤防への負荷   中川  一(京都大学防災研究所)
河川堤防の浸透―変形連成性状 岡 二三生(京都大学大学院)
堤防からの越流水及び氾濫流の特性 末次 忠司((財)ダム水源地環境整備センター)
河川堤防の整備の現状 吉田 延雄(国土交通省 近畿地方整備局)
 
16:55〜17:00 閉会挨拶  橋本 正(本協議会 副座長)
17:30〜19:00 懇談会(建設交流館 地下1階レストラン)
  
【パネル展示】
◎高機能通気防水シート(太陽工業)
◎音響波を用いた地下水探査(JFEシビル(株),(財)地域 地盤 環境 研究所) 他 
【申込方法】
・参加ご希望の方は参加申込書に必要事項をご記入の上,Fax等でお申し込み下さい。
・参加費は下記の銀行にお振り込み下さい。※入金確認後,参加券をお送り致します。
・ご入金後の返金は致しませんのでご了承下さい。但し,後日論文集をお送りいたします。
【申込先】
大阪市西区立売堀4-3-2 (財)地域 地盤 環境 研究所内
地下水地盤環境に関する研究協議会 事務局(担当者:有本・葛)
Tel:06-6539-3135 Fax:06-6578-6255 Email:gwjim@geor.or.jp
【振込先】 りそな銀行 大阪西区支店 普通預金 口座番号8418933 地下水シンポジウム 飯田智之
※振込手数料はご負担下さい。
【申込期限】 平成18年10月末日

「地下水流動保全技術」講習会 参加申込書)
GRI Geo-Reserch Institute
Copyright2004-2005 Geo-Research Institute. All rights reserved.