地盤研究財団
財団紹介 研究・とりくみ 研究成果 お知らせ LINK先一覧
研究・とりくみ
情報を活かす
地質を探る
地震を識る
災害に備える
地盤を調べる
環境を保つ
世界に携ふ
活動の拠点
研究協議会
関西地震観測研究協議会
地下水環境に関する研究協議会
関西圏地盤情報ネットワーク(KG-NET)
 
TOP > 研究・とりくみ/地震を識る

 
強震動予測と地震防災に関する調査研究
地震の予知が実用化に到っていない現在、来るべき大地震に備えるためには検討対象となる地域の特定の断層を想定し、その断層が活動した場合をモデル化して震源断層周辺の地盤の強い揺れ(強震動)を予測することが、地震災害の軽減に最も有効な事前措置であると考えられます。このため、当財団では強震動予測手法の開発およびそのための基礎的な研究を行っています。さらに、震災対策に必要な強震観測情報を自動収集・発信する地震観測速報システムの設計・開発を行っています。
強震動予測手法に関する研究
ある地域の特定の断層を想定し、その断層が活動した場合をモデル化して震源断層周辺の地盤の強い揺れ(強震動)を予測します。図は、近い将来に発生すると予想される東南海・南海地震の地震動をシミュレーションしたものです。
▲大阪湾岸部での予測強震動例
地震観測速報システムの開発
情報通信技術(IT)を活用し、震災対策に必要な地震観測情報を自動収集・発信する“準リアルタイム地震観測速報システム”の開発・設計を行っています。この成果は関西地震観測研究協議会(CEORKA)の地震観測ネットワークで利用されています。
震源断層に関する研究
高精度な強震動予測を行うためには、検討地域で対象となる電源断層モデルを適切に想定する必要があります。図は過去に発生した国内の内陸地震の断層面での最終すべり分布を示したものです。
地震波伝播に関する研究
震源断層から対象地域までの地震波伝播に関する研究も高精度な強震動予測のための重要な課題です。図は、ある観測点での強震観測記録による増幅特性(経験的増幅特性)と推定地下構造モデルによる増幅特性(理論的増幅特性)を比較検討したものです。このような地盤増幅特性を解析することで地域の揺れやすさを把握し、信頼性の高い強震動予測に役立てています。
地下構造モデルに関する研究
より高精度な強震度の予測を目指し、各種地下構造探査のデータに基づいて詳細な3次元地下構造モデルの作成を行っています。

▲大阪湾(左)・琵琶湖(右)周辺の基礎深度分布



財団法人 地域 地盤 環境 研究所
TOP サイトマップ ENGLISH